min dagbog

デンマーク留学・ワーキングホリデー日記

Efterskole(エフタスコーレ)。

Hej! 今日は次のボランティア先であるEfterskole(エフタスコーレ)について書こうと思います。

 

Efterskole(エフタスコーレ)とは?

日本には馴染みのない「エフタスコーレ」デンマーク独自の学校なんです!

デンマークではほとんどの子供達が、義務教育にあたる0年生から9年生(10年生)までFolkeskole(フォルケスコーレ)に通います。

そのうち14歳から18歳の時1〜3年間をこのエフタスコーレに置き換えることができます。現在デンマーク国内に約240校が存在し、総勢28500人もの生徒が通っています。

(ちなみにフォルケスコーレのほとんどは公立で授業料無料、一方のエフタスコーレは私立で授業料がかかります)

 

そんなエフタスコーレの特徴をもう少し詳しく解説していきます!

その1:親元を離れ「学校」で生活

一般の学校との大きな違いは寄宿制であること。仲間たちと一緒に学び、そして寝食を共にします。多くの生徒にとって親元を離れ暮らすのは初めての体験。中には「親からの自立」を目的に来る生徒も。

ちなみにデンマークでは18歳以上の学生を対象に国から月々の生活援助をもらうことができます。その為多くの学生が高校生から一人暮らしを始めるそう。エフタスコーレでの共同生活はその前の練習期間にもなっているのかもしれません。

  

その2:「好き」を見つける科目

エフタスコーレでは一般科目の他に、音楽・スポーツ・アートなどの選択科目が設けられています。各学校それぞれ特色のある選択科目を設けており、生徒が学校を選ぶ基準にもなっています。私のボランティア先の学校では、アフリカなど国外へのスタディツアーが人気だそう。

高校進学を前に今後の進路に悩む生徒も。エフタスコーレはそんな生徒の「好きなこと」「得意なこと」を見つける手助けをする役割を担っています。

 

その3:勉強+自己成長

エフタスコーレでは勉強だけでなく、生徒一人ひとりの自己成長も大切にされています。

なぜ生徒らはお金を払ってまで、卒業を伸ばしてまでエフタスコーレに来るのか?

それは普通の学校ではできない「特別な体験」を求めているからはないでしょうか。新たな仲間との出会いや共同生活を通して自己を見つめ直し「人として成長する」こと。実際に学校の中で働いていると、そんな生徒たちの期待感、そして先生達から子供達への思いが伝わってきます。

 

私はこのエフタスコーレがデンマーク教育の真髄なのではないかと思います。

教育段階が一本道ではなく、他にも選択肢が与えられているということ。

「自分探し」を国全体でサポートする仕組み。

そして何よりも「人間性を育むこと」を目的としていること。

政府の「学力向上」の流れを受けながらも、1851年に誕生して以来150年間、このエフタスコーレが現在まで受け継がれているのは、「人間教育」がデンマークの誇るべき文化の一部になっているからではないでしょうか。

 

これを読んでエフタスコーレについて少しでも知ってもらえたら幸いです!これからさらに現場の様子など紹介していきたいと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます!それではVi ses☺︎

f:id:mit_frugtbare_liv:20190813043356j:plain
ユトランド半島の北端に位置するHorne。首都コペンハーゲンからバスと電車で約6時間!かなりの田舎ですが、近くにビーチがあったりと自然豊かで美しい街です)f:id:mit_frugtbare_liv:20190813043838j:plain
(デザイン性に溢れた教室。椅子は生徒らがペイントを施したそう)f:id:mit_frugtbare_liv:20190813043408j:plain
(こちらはランチ。「Boller i Kurry」というデンマーク料理。ご飯にミートボール、その上に甘いココナッツ味のカレーとレーズンをのせて頂きます。「ご飯に甘いカレー?」と思うかもしれませんが、一度食べたらやみつきに!)

 

参考
Efterskolerne

Stensbækでのボランティアを終えて。

Hej! 先日Stensbækでの1ヶ月間のボランティアが終了しました。振り返るとあっという間にも感じるし、ずいぶん長い間滞在していたようにも感じます。

 

初めはデンマークの文化をもっと知りたいという目的のため選んだボランティア。あくまでも留学生活のメインである大学生活は終わり、ボランティアは「おまけ」という気持ちでした。

しかしここでの生活を通して、その目的以上のことを本当にたくさん学ばせてもらいました。価値観や人生観がさらに変わったし、人間として大きく成長できたと思います。

 

どう人と向き合うか、そしてどう自分と向き合うか

そのためのヒントをたくさん教えてもらいました。

「一人ひとりが素晴らしい人間だ」「あなたは素晴らしい」とよくみんな口にしていました。相手のことを認められる「強さ」があるからこそ、自分のことも認められるのだと思います。

ボランティアメンバーは一人ひとり個性的でみんな違うけど、みんな優しさと愛に溢れていました。

 

今まで人間関係において「どこかうまく踏み込めないなあ」と感じることがありました。それは私が相手と距離をとったり、無理して自分を作っていたからだと思います。

でも今回共同生活を通して、常にコミュニティの中に身を置くことで「距離を置けない状況」にあり、それが私にとってはコンフォートゾーンを破るという点で良かったんだと思います。そして日々のみんなの振る舞いや私にかけてくれる言葉から「ありのままの私でいいんだ」ということを潜在的に思わせてくれました。無理をして自分を作らなくたって思いやりと誠実さを持って相手に接すれば、相手も同じように接してくれる、深い関係を結べるんだと気付かされました。

 

ここでの生活は本当に特別で貴重な体験となりました。みんなとの出会いは一生の財産であり、これからも私の心の支えになると思います。今はみんなへの感謝の気持ちでいっぱいです。

 

明日から新しいボランティア先での生活が始まります。ここで学んだことを胸にラスト1ヶ月駆け抜けたいと思います!最後まで読んでくれてありがとうございます!それではVi ses☺︎

f:id:mit_frugtbare_liv:20190804024755j:plain
(「Stensbæk」は近くを流れる川の名前だそう!)

みんなの名言集。

Hej! 今日は特別編。ボランティアメンバーの放った「心に残った一言」を紹介したいと思います!

 

Don't be sorry be happy!

朝のミーティングに遅れ「遅れてごめんなさい!」と走り込んで行った時に言われた一言。何気ないシーンだったけどすごく心に残っています。

 

Have fun! whatever you do(何をするにも楽しんで!)

あるメンバーと話していて、相手が仕事に向かう時間になり「じゃあそろそろ行くね!」の後に言われた一言。これも何気ない日常会話だけど心が暖かくなりました。

 

Smile generates posotive energy(笑顔はポジティブなエネルギーを生む)

いつも笑顔なメンバーの一人に「いつも笑顔だよね!」と話しかけた時に言われた一言。私も本当にそうだと思うし、心がけていることの一つでもあります。

 

Each of them is amaizing(一人ひとりそれぞれが素晴らしい)

代表の方がいつも言ってくれました。愛に溢れ、みんなに慕われている素晴らしい方です。

 

You are beautiful

ルームメイトでもあったメンバーがよく言ってくれました。強さと優しさを持った彼女のことは女性として、そして人として、とても尊敬しています。

 

The moment!(この瞬間!)

この一瞬を大切にというシンプルだけど大好きな言葉です。いつも明るくお茶目なメンバーがよく言っていました。

 

Life is hard but that's why I enjoy it(人生は苦しいからこそ、私は楽しんでいるんだ)

苦悩も楽しみに変えられる、それを楽しめるのはすごいと思いました。

 

Everything is gonna be alright(全てうまく行く)

ルームメイトの二人と将来について話していた時。どうなるかわからなくて不安だけど、最終的にはどうにかなるよね!という結論に。「全てうまくいく!」こういう心持ち大切だなあと思います。

 

ここからは元の英語を忘れてしまったので日本語で。フランスから来たお茶目なメンバーの言葉です。

もし相手の思ってること全部分かってしまったら面白くない

分からないから、まだ知らないことがたくさんあるから面白い

全部知りたくなるけど分からないから面白い。なるほどなあ

毎日同じなんてつまらない、毎日ミラクルでありたい

「今日はどうだった?」と聞かれて「いつも通り良い日だったよ」と答えると「それは良い日なの?」そこからこんな話になりました。私は何気ない毎日も好きだけど「ミラクルな毎日を送りたい」という気持ちも素敵だと思いました。

竹は一人で全部の水を吸わない。それは周りの竹にも分け与えるため

自分もそういう気持ちを忘れず、周りの人を思いやれる人間でありたい 

スマホの待ち受け画面が「竹」だったので「なんで竹なの?」と聞いたらこんな深いい返答が。 本当にその通りいつも周りを気遣っている優しい人です。

 

まだまだありますが今回はこの辺に。みんな偉人級に良いことを言う、、、何よりもみんなと話していると前向きで明るい気持ちになれました。私も他人の心に残るような、他人を元気にするような言葉を残せる人になりたいなあ

最後まで読んでくれてありがとうございます!それではVi ses☺︎

f:id:mit_frugtbare_liv:20190804032601j:plain
(みんなで夕焼けを見に行った時の写真。この後すぐ大雨が降ってすぐに退散しました笑)

分からないからおもしろい。

Hej! 今日は思ったことについて。

 

ボランティアのメンバーは年齢もバックグラウンドも本当に様々。一人一人がそれぞれのストーリーを持っていて、一人と話すと本を一冊読んだ気持ちになるほど

毎回新たな発見や知見が得られて、とても刺激になります。

 

話の最中に「ここでのボランティアが終わったらどうするの?」とか「将来はどこに住むの?」と聞くと、

ほとんどみんな「分からない」と答えます。数ヶ月先自分がどこに居て何をするのかでさえ分からないメンバーも。

初めは「分からないって!?」と驚いたのですが、今はすんなり受け入れられるようになりました。

 

みんなこの後どこに行ってああしてこうして、、、と遠い未来のことまで細かに決めているわけではなく「その時になったらその時の気持ちにしたがって」決めるんだとか

 

例えば、あるメンバーはこの後オランダに行って他のボランティアをするそう。

「じゃあその後は自分の国に帰るの?」と聞くと

「まだ帰るつもりはないかな。はっきり決めていないけど、もしオランダが気に入ればそのまま居るし、そうでなかったら他の国へ行くかな。」

 

また一人はこれから客船のウェイトレスとして数ヶ月間働くそう。

「その後はまだ決めてないけど、今はこれから働くのが楽しみ!」と話しました。

 

今までの私は「将来どうしよう」「どんな仕事に就こう」

先のことばかり考えて焦っていました。

「考えなければならない」「早く決めないといけない」と勝手にプレッシャーをかけて、自分の首を締めていたんだと思います。でもよく考えたら「決めないといけない」なんて決まりない、勝手に自分で思い込んでるだけ

 

人間「分からないこと」を恐れ、不安に感じる生き物で、

将来なんて本当に何も分からないから

よりいっそう不安になって、早く答えを出そうとするんだと思います。少なくとも私はそうでした。

 

でもその不安に打ち勝って

自分の心のままに

何も決まってない将来にワクワクして

生きる生き方もなんだかいいなあと

 

自分の気持ちのままに今を楽しんで

先の先まで焦って全部決めてしまうのではなく

次は「今」やってみたいなと思ったことにチャレンジしていく

 

分からないからこそおもしろくて

自分次第で何でも出来る環境を与えられていることに本当に感謝だなあと

はっと気付かされました。

 

今日でちょうどデンマークに来て11ヶ月目!ついに残り1ヶ月となりました。先のことばかりに囚われず「1日1日」デンマークで過ごせる時間を大切に過ごしたいと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます!それではVi ses☺︎

f:id:mit_frugtbare_liv:20190729165746j:image(庭にあるキャンプファイアー所。木の棒にパン生地を巻いて焼くのがデンマーク流のキャンプファイアー!)

人との関わり方。

Hej!

時が経つのは早く、Stensbækでのボランティア生活も残り1週間となりました。温かいメンバーと美しい自然に囲まれ、毎日たくさんのことを学ばせてもらっています。特に「人との関わり方」や「共同生活」という面での学びが大きいです。

 

約15人と共同生活を送りながら働く日々。普段から一人で過ごすことの多い自分にとっては、プライベートスペースがなく、常に人と一緒にいるというのは少しチャレンジングなことでもあります。

そのため一人の時間を求めて単独で行動したり、お腹があまり空いていない時はご飯に参加しないことも。

 

すると先日、メンバーの一人が私にこんな事を言ってくれました。

「ご飯の時間にあまり見ないから心配。お腹が空いていない時もあるかもしれないけど、少しでも食べて欲しいな。ご飯はとても大切だから。

もし困ってることがあったり、何かあったら何でも私に言って欲しい。私は英語があまり得意じゃないし、言ってること全部理解できないかもしれないけど。いつでも力になるよ!」

その気持ちが嬉しくて、自然と涙が溢れました。私の身勝手な行動や、我慢して言わないことが逆に気を使わせてしまっていたんだと、はっと気付かされました。

 

思えばこんな風にいつもみんなから話しかけてくれたり、体調を気にかけてくれたり、輪の中に入れようとしてくれているのに、私から壁を作ってしまっていたのかも。心のどこかで「ここで過ごすのも1ヶ月だけだし」とみんなとの関係を蔑ろにしていたのかもしれないなあ。

人と距離を縮めるのが苦手だからと言い訳にして努力しようとしなかった。みんなだって他人との共同生活全く気を使っていない訳ではなく、気遣い合ってみんなが過ごしやすいようにと少しづつ努力しているんだ。

今までの、そしてこれからの「人との関わり方」を見直す機会になりました。

  

先日仲の良かったメンバーが去っていきました。共に過ごしたのはたった2週間だったのに、別れがとても悲しく、今も尚寂しく思います。自分でも少しびっくりするほど。たかが2週間、されど2週間。時間の長さは関係なく、そこまで人と深く関係を結べたというのが、自分の中で大きな意味を持つ経験となりました。

 

残りの期間もみんなとの関わりを大切にしながら1日1日大切に過ごしたいと思います。最後まで読んでくれてありがとうございます!それではVi ses ☺︎ 

f:id:mit_frugtbare_liv:20190725214057j:plain(ランチに作ったお寿司とお味噌汁。寿司人気は世界共通!具材はベジタリアン仕様にきゅうり・人参・パプリカ、さらにはマンゴーまで笑 「ありがとう」と言われると作った甲斐があったなあと嬉しい気持ちに。

ちなみに「日本人なら誰でも寿司を作れる」と思われているので、、笑 留学などに行く際は作り方を知っていると喜ばれるかも!)

Ribe。

Hej! 今日はRibe(リーベ)という街について紹介しようと思います。

 

ユトランド半島の南西部、私の住んでいるEnderskovからバスで20分ほどのところに位置しています。そんなRibe最大の特徴はデンマーク最古の街』

石畳の道、カラフルで小さな家々、木製の水車、、、どこを切り取っても雰囲気のある街並み。古き良きデンマークを存分に味わうことができます。

かといって「ザ・観光地」という訳でもなく、街並みが人々の暮らしと溶け込んでいるのもいいなあと思いました。

f:id:mit_frugtbare_liv:20190722001630j:plain

f:id:mit_frugtbare_liv:20190722001304j:plain

f:id:mit_frugtbare_liv:20190722001303j:plain

f:id:mit_frugtbare_liv:20190722001307j:plain

f:id:mit_frugtbare_liv:20190722001739j:plain

RibeのランドマークがRibe Domkirke(リーベ大聖堂)デンマーク三大聖堂の一つとも言われているそう。カラフルなステンドグラスにユニークなイラストと一風変わったデザインで自然と見入ってしまいます。

f:id:mit_frugtbare_liv:20190721235056j:plain

f:id:mit_frugtbare_liv:20190721235127j:plain
(塔の上からはリーベの街並みを一望できます!)

 

他にも街中には食器やアクセサリーなどセンスのある北欧雑貨のお店が立ち並びます。

f:id:mit_frugtbare_liv:20190722001849j:plain

f:id:mit_frugtbare_liv:20190722002305j:plain

ショッピングのあとはカフェで手作りケーキと美味しいコーヒーを楽しみながら一息。

f:id:mit_frugtbare_liv:20190721235906j:plain

f:id:mit_frugtbare_liv:20190721235941j:plain

 

小さな街ですが見所たくさん!ひとたび歩けばノスタルジックな気分を味わえます。ユトランド半島を訪れる際はぜひ立ち寄ってみて下さい!

最後まで読んでくれてありがとうございます!それではVi ses☺︎

f:id:mit_frugtbare_liv:20190722002830j:plain
(ある家の前にかけられていたキュートなリース!「VELKOMMEN」はデンマーク語で「ようこそ」の意味)

「世界一幸せな」国?

Hej!

現在働いているボランティア施設にゲストで来ていたデンマークの方と話した時のこと。

▼ボランティアについてmit-frugtbare-liv.hatenablog.com

なんでここに来たんですか?

もう仕事に疲れてしまって、、、少し休憩が必要だと思ったから。

私のイメージではデンマーク人は自分の好きな仕事をしていると思っていました。転職しやすい環境も整っているんだと。

最近は嫌でも我慢して仕事を続ける人が多いと思う。だんだん新しい仕事を見つけにくくなっているから。私はもう我慢できなくなってやめてしまったけど、、、新しい仕事が早く見つかるよう祈るわ。

授業で習ったデンマークの『フレキシキュリティ政策』
解雇しやすい柔軟な労働市場;手厚い失業手当;充実した職業訓練

「だから仕事が自分に合っていないと思ったらやめて、自分に合った仕事を見つけられる=仕事の満足度が高いのか、よくできたシステムだなあ」と思っていましたが、実際にうまく機能しているかどうかはまた別なのか、、、

 

また他のゲストの方と話した時のこと。

なんでデンマークに来ようと思ったの?

デンマークの文化、特に福祉制度や教育に興味があったからです。私が高校生の頃に『デンマークが世界一幸せな国』だと聞いて来てみたいと思いました。

来てみて今も本当にそう思う?

少なくとも私には、日本に比べると人々がもっとリラックスしていて、人生を楽しんでいるような印象を受けます。

確かに舎はそうかもしれないけど都会はどうかな?日本でも田舎の人はリラックスしてるし、都会の人は忙しいんじゃない?それはデンマークも同じだと思う。

あれ?思ってた反応と違う、、、確かに今までも「世界一幸せな国」というワードが出ても「そうそう、私たち世界一幸せなの!」と賛同されることは少なかったような、それよりも「って言われてるけどね、、、」という反応をされる方が多いように感じます。

だからといって「=幸せじゃない」と意味でもなく。ただそういったランキングに固執するのではなく、もっと客観的に自己の幸せについて考えているのではないかなあと思います。

 

外からみたデンマークのイメージ
充実した社会福祉、教育費・医療費無料!
世界一幸せな国!

これだけ見ると「ユートピア」みたいですが、

実際に人々がそのシステムに満足しているか
何をもって幸せを感じているか

はまた別もので。当たり前のことだけど改めてはっと気付かされました。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!それではVi ses☺︎

f:id:mit_frugtbare_liv:20190714225038j:plain
(すぐ近くにこんな自然が広がっていて、朝と夕方、晴れた日と雨の上がった後、様々に表情を変えて。いつでもとっても綺麗です)