min dagbog

デンマーク留学の記録。

4 måned。

Hej! 今回は振り返り編。4ヶ月経って思うこと。
 

こっちに来てからは「なんか頑張らなくちゃ!」と焦っては勝手に疲れることもあったのですが、ある人に「自分頑張ってないかも?ぐらいが実は丁度いいんだよ」と言われました。思えば「頑張る」という概念自体とても日本的なのかもしれません。日本では「忍耐強く頑張ること」「勤勉」「一生懸命」が美徳とされているけれど、他の国ではどうなんでしょうか?

 デンマークの人々を見ていると「頑張る」という概念があまりしっくりきません、、、(ごめんなさいディスってる訳ではないです)街の人の働きぶりとかを見ていてもみんなゆるっとしているし、それ以外の時間もゆるっと過ごしている感じ。いい意味でいつも肩の力が抜けているなと思います。

だから「デンマークの人の方が良い」とかではなく、私はそういう日本人の勤勉さや忍耐強さもすごく良い所で、大切な日本文化の一つだと思います。そこにデンマークの人々のように肩の力を抜いてゆったりと過ごす”HYGGEな時間”をうまく取り入れられたらちょうど良いのではないかと思います。(そう言いながらまだ私自身できていなかったりするのですが、、笑)

 

4ヶ月間を振り返ると少しずつ「自分がどういう人間なのか」「何がやりたいのか」分かってきたような気がします。それは本当にこっちにきてから出会った全ての人のおかげだな〜〜と本当に思います。今は与えてもらってばっかりで自分から何も与えられないのがもどかしくもありますが、それもそれで今の自分だと思います。

 

デンマークにいることが特別すぎて年越しの影が薄れちゃってますが、、、2018年終わるんだな〜〜この場を借りて、、、いつも支えてくれる家族・友達、お世話になった方々本当にありがとうございました!まだまだ未熟な私ですが来年も私らしく頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします!それではGod nyt år☺︎(良いお年を!)

f:id:mit_frugtbare_liv:20181227233640j:image