min dagbog

デンマーク留学の記録。

Too good to go。

こんにちは!

今回はデンマーク発のアプリについて紹介します。
その名も「Too good to go」。アプリ利用者はレストランやカフェから廃棄寸前の食品を値下げ価格で購入することができます。現在ヨーロッパ7カ国に展開しており、今後食料廃棄が大きな問題となっているアメリカ進出も視野に入れているんだとか。高くてなかなか外食できない私にとっては嬉しいアプリ!早速使ってみました。

 

まずはお店を選びます。位置情報から近くのお店が一覧ででできます。値段、提供時間が記載されていますが、具体的な中身は書かれていないことが多いです。パン屋さんならパンの、お惣菜やさんならお惣菜の詰め合わせ、いわば福袋のような感じ。今回は近くのパン屋さんを選択しました。カードで支払い、あとは所定の時間にお店まで取りに行くだけ!受け取りまでの時間も表示されます。

 

今回は100DKK (1700円)相当を20DKK(400円弱)ほどで購入。お店に行きアプリの画面を見せるとお店の人が品物を持ってきてくれました。

もらってびっくり!パン丸々2斤、中くらいのパン4つ。これだけ入って大学のサンドイッチ一つより安い!!廃棄寸前といってもその日に焼きあがったもの。とっても美味しかったです!(流石に全部は食べきれないので冷凍〜〜)

f:id:mit_frugtbare_liv:20181010011539j:plain
(お店にアプリのステッカーが!)

f:id:mit_frugtbare_liv:20181010011548j:plain
(専用の袋に入れて渡してくれます。)

f:id:mit_frugtbare_liv:20181010011930j:plain
(これが戦利品!)

買い終わるとどれだけの二酸化炭素を削減できたかが表示されます。私にとっても、お店にとっても、そして環境にとっても良いなんて一石三鳥ですね!

f:id:mit_frugtbare_liv:20181010012133j:plain
(今回はテレビを一晩付けっ放しにした時に排出される分の二酸化炭素を削減できたそうです!)

 

私はこのアプリ日本人の「もったいない」という感覚ををうまく体現しているな〜〜と思いました。日本人のニーズにも合っていると思うのでぜひ日本にも進出してほしいと思います。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!それではVi ses!