min dagbog

デンマーク留学の記録。

デンマークのお宅訪問(その2)。

こんにちは!

引き続きデンマークのお宅訪問編です。今回はデンマークの家庭料理を中心に紹介していきたいと思います。

 

f:id:mit_frugtbare_liv:20180903213843j:plain

これは朝ごはんの様子。デンマークでは「Smørrebrød(スモーブロー)」と呼ばれるオープンサンドイッチがポピュラー。(Smørとはバター、Brødとはパンのこと)薄切りのパンにチーズ、サラミやベーコン、野菜などをのせて食べます。パンは大きく分けて写真にあるような黒いパンと日本にあるような白いパンがあります。前者はRugbrødというライ麦パン。食感は硬く味は酸味が強いのが特徴。後者はFranskbrødという白いパン。名前はフランスパンという意味ですが日本で売られているものよりも柔らかく、味も癖のない食べやすいパンです。どちらかというとスーパーなどによく売られておりよりポピュラーなのが前者のRugbrød。最初は好き嫌いがわかれるかもしれませんが、慣れると美味しく感じられると思います。私も最初は苦手でしたが今は大好きです!

 

f:id:mit_frugtbare_liv:20180903213856j:plain

これがお昼ご飯の様子。デンマークでパンと並ぶ主食、、、それはじゃがいも!!!デンマーク語では「Kartoffel(カトーフラ)」と言います。デンマークに来るまでは正直「じゃがいもが主食とか終わったな、、、」と思っていました笑 でも食べてみてびっくり!!!本当に美味しいんです!!!日本のじゃがいもよりホクホクしていて味も濃厚。焼いてよし茹でてよし。毎日でも飽きないと思います。しかもとっても安い!一袋にたくさん入って100円ちょっとで買えてしまいます。あ〜じゃがいも最高、、、ここでは茹でたじゃがいもにソースをかけていただきました。じゃがいもとソースが絶妙にマッチしてとっても美味しかったです。そして右の料理が「Flæskesteg(フレスケスタイ)」と呼ばれる豚のロースト。普段はクリスマスに食べるのが一般的だそうですが、今回は特別に作ってくれました!デンマークでは豚が最もポピュラーなお肉。じゃがいも同様、豚肉もとっても美味しいんです、、、!

 

f:id:mit_frugtbare_liv:20180903220031j:plain

これはおやつの「Æbleskiver(エーブルスキーバー)」と呼ばれるお菓子。(Æbleとはリンゴのこと)形がたこ焼きに似ていると思いませんか!?作り方も似ていてたこ焼き機のようなフライパンを使って作ります。しかし中にはタコではなくプルーンが!砂糖やジャムをつけていただきます。美味しくて何個も食べてしまいます、、、レシピをもらったので今度自分でも作ってみようかな〜〜

 

私にとって今回が初めてのお宅訪問だったのですが、普段は見られないデンマーク人の人々の暮らしぶりを見て、実際に体験することができたので本当にいい機会でした!特に感じたのが住環境へのこだわり。それは、デンマーク人は家で過ごす時間が長いからだと思います。仕事や学校が終わってから家族みんなで過ごす時間、週末に友人を招いてホームパーティーをする時間。そんな時間をより居心地良くしたい!という考え方の現れなんじゃないでしょうか。(労働時間が短いこと、冬が暗く寒いこと、外食するととても高くつくため家で食べるのが一般的なことなど様々な要因が関係しているのかも、、、)

そして一番感動したのがホスピタリティーの精神。本当の家族のように迎えいれ、私の拙いデンマーク語も真剣に聞き、たくさん話そうとしてくれました。こんなに温かい人たちに出会うことができたなんて、、、この経験は私の人生の中でも大きな意味を持つものになりました。

 

本当に心温まるHyggeな時間。心と体のエネルギーが満タンに充電されました!明日からまた頑張りたいと思います!!

 

それではVi ses☺︎

 

f:id:mit_frugtbare_liv:20180903224637j:plain

デンマークで三大高い山のうちの一つHimmelbjergetからの景色。Himmelとは天国という意味!天国の山と言ってもたったの147m笑)