min dagbog

デンマーク留学の記録。

出発。

こんにちは!

 

いよいよ明日デンマークに向けて出発します!留学が決まってから今日まで強く感じたことがあるので書いておこうと思います。

 

この1、2ヶ月人生の中で1番さみしがられたんじゃないかな〜〜と思います!笑 なんというか、「さみしい」の感情が一点集中で私に向かってくるみたいな感覚でした。そんな周囲の反応が予想外で、正直最初は戸惑いました。でも、この経験を通じて分かったことが2つあります。

 

1つ目は、留学って1人だけの問題じゃないんだなということです。それに気づいたのは友達の「残される側も辛いんよ!」という言葉を聞いた時です。たしかに相手の立場に立って考えたら、、、もし反対の立場だったら、、、すごいさみしいだろうな〜〜と思いました。こんな私でも他の人の人生に何かしらの関わりと影響を与えることができたのかも!と思うと自信が湧いてきます。また、周囲の協力あってこの留学が実現したことも「一人の問題じゃない」と感じた大きな要因です。特に家族には本当にたくさんサポートしてもらいました。金銭面はもちろん、精神的にも支えてもらいました。途中で申し訳なく感じてしまうこともありましたが、逆にそれ自体が申し訳ないことだと思います。今はそんな家族に感謝して、来年しっかり成長した姿を見せることが恩返しになると思っています。このように私個人の決定は私だけの問題ではなくて、周りの人の問題でもあるということを学ばせてもらいました。

 

2つ目は、私って周りからこんな風に思われてたんだ!と気付かされたことです。普段の私は他の人からどう思われているかあまり気にするタイプではありません。他人から「よく思われたい、嫌われたくない」というよりも、私の場合は逆に「どう思われているか知るのが怖いから気にしない」という感じでしょうか。それを知ったときに、なりたい自分と違うのが怖いからなのかもしれません、、、。でも今回手紙を頂いたり、別れの言葉をかけていただく中で、その人にとって自分がどんな存在だったのか、その人が自分のことをどう思っているのか嫌でも知ることになりました。しかしいざその事実に向き合ってみると、自分を客観視して、自分でも知らなかった自分を知ることができました。周囲の目を気にしたり避けたりするよりも、それを堂々と受け入れるということ。もしそれが自分の予想とは違っていても落ち込むことは全くなくて、むしろ新たな自分に出会えた!と思うこと。そういった新しい考え方を学ばせてもらいました。

 

大学から全く新しい環境で1からのスタートでしたが、振り返るとたくさんの人と出会って、今こうしてさみしいと言ってくれる人ができたなんて、「よくやった自分!」と褒めてあげたいです。ここで出来たからきっとデンマークでも大丈夫!と思うことができます。

 

とにかく今日まで関わってきた全ての人に、いつも全力でサポートしてくれる家族に、感謝の気持ちでいっぱいです!本当にありがとうございました!!!!

 

それではいってきます!Vi ses(またね)☺︎

f:id:mit_frugtbare_liv:20180826203713j:plain

関西国際空港のスカイデッキから!ここからたくさんの人が世界に羽ばたいてるんだな〜〜明日は我が身、、、)